カテゴリー
ドイツ文化 ベルリン 日常生活

ベルリンで花見

どうもヨシです。
先日、ベルリンに咲いてる桜を見に行きました。

場所は「テレビ朝日さくら平和通り」
ベルリンの南の地域で、ベルリン市とブランデンブルク州との境界でもあります。

どうもヨシです。
先日、ベルリンに咲いてる桜を見に行きました。

場所は「テレビ朝日さくら平和通り」
ベルリンの南の地域で、ベルリン市とブランデンブルク州との境界でもあります。

着いて早々に
桜を見るよりはじめに、ふと入り口?にある標識に目をやると

日本語の方は「平和」が入ってるのに、その下のドイツ語の方は平和のへの字も(Friedenとか)入ってなかったのがちょっと悲しい。

結構重要な気が。

名前が長かったのかな?

(最悪、会社名の部分を削っても…、
…それはさすがに失礼ですね。)

というのも、元々ここは東西を分けていたかつての「ベルリンの壁」が存在していた場所なので、なぜ抜いてしまったのかなぁと個人的に思ってしまいました。

なぜ、日本の桜がここに?というと

テレビ朝日が1990年に「壁跡地に桜の植樹をしよう」という呼びかけから、寄付を募って、日本の桜を植えるキャンペーンをしたことによります。
(やっぱり素晴らしいことをしてるから、会社の名前は必要だ!)

なので、ベルリンにはいくつかの場所に日本の桜を見ることができます。

因みに、ここには約1100本の桜の木があるそうです。

天気もよく満開でした。

通りを歩いていると、色々な人たちが散歩したり、写真撮影をしたりとのんびりした空気が流れていました。

コロナ禍で少し沈んだ気持ちが、幾分か安らぎました。

コスプレしてる人も来るみたいですが、今回は見かけませんでした。

写真の標識の赤のラインが、壁があったところみたいです。

引用:BERLIN WIRD METROPOLE FELIX ESCHER

ご存じの方もいると思いますが、壁といっても壁だけがあったのではなく
上の写真のように、壁沿いに並行して見張りの施設があり
簡単に言ってしまうと、壁と壁の間に広い緩衝地帯のようなものがありました。
そこに除草剤などを撒いていたそうで(監視するのに草木が生えないように)、そう考えるとまた桜の木が違って見えて感慨深いです。

どこからともなくお馬さん。
ドイツって馬の文化が深く根付いてるなぁと思います。
(それとも、ヨーロッパ全体でしょうか?)

壁のあった側から見るベルリン方面

ブランデンブルク州側(Teltow)

因みに西洋の桜はというと
下の写真にある、右の木です。
たぶんセイヨウミザクラかなと思います。

西洋の桜もなかなかきれいでした。
夏には、たくさんのサクランボをつけてくれる木です。

花は心を華やかにしてくれるんだなぁ
としみじみと思った日でした。

コメントを残す