カテゴリー
ドイツ語 ドイツ文化 ベルリン ベルリン歴史探訪

Scloss Caputh(カプート館城)

大選帝侯時代に建てられ、第二次世界大戦後もほぼ変わらない形で残った館「カプート館城」

先日大選帝侯生誕400年ということで
彼を焦点に企画された展覧会を見に「Scloss Caputh」(シュロッス カプート)へ行ってきました。

場所は下図で、Landkreis Potsdam-Mittelmarkにあります
もうブランデンブルクですね

ポツダム駅からバスが早いかと思います

しかし、地図を見た感じポツダム駅から近そうだし
歩いていけるんじゃないかと思った僕は(自然豊かそうだし)
歩くことにしました
(ただよく調べてから行きなさいよと、のちに思うことになります)

歩いてて気になった建物。見た感じアパートなんですけど、どう見ても飾りの塔みたいで、飾り方が日本のラブホテルに通ずる何かがあるような気がしました。違ってたらすみません。
住宅を通って、のどかな森へ。リスがいたんですけど、カメラを持った時、逃げられました。。
ハーフェル川越し、ポツダムの聖ニコライ教会

標識を見て、ここからカプートかぁ
と、もう着いた気でいたら

よく見たら、6Km!!

「ひぇ!?」ってなりました


歩くこと一時間ちかく、やっと到着…
(嫁さん連れてこなくてよかった…)

門をとおり中へ

Schloss Caputh

入り口を探して、館をぐるりと一周

そこで気づく、さっきの正門じゃなかったんだ…

因みに今更ですが
少し説明させて頂くと
「Schloss Caputh」 は
1662年 Friedrich Wilhelm大選帝侯時代に、建てられ
1671年 彼が、彼の二番目の伴侶 Sophie Drotheaに贈り
彼の死後、彼の息子 Friedrich Ⅲ(のちにⅠ)が引き継いだ

バロック様式で、第二次世界大戦の後でも、ほぼ変わらない形で残っていたようです

そして、館の中へ

friedrich Wilhelm(フリードリッヒ・ヴィルヘルム) 大選帝侯
大選帝侯の二番目の伴侶 Sopie Drothea(ゾフィー・ドロテア)

二人とも、強そうですね(失礼)


◎「選帝侯夫人のフロントルーム」◎

そしたらなんと、大選帝侯の肖像画の下に伊万里焼が!!
なんと興味深い
こういう時、時代を超えて美術品に会えることに、ロマンを感じます
この伊万里焼が、ベルリンの歴史を見てきたんだなぁと思うと感慨深いです

家族の肖像画

①Philipp Wilhelm長男
②大選帝侯 ③大選帝侯夫人 ④Christian Ludwig四男 ⑤Dorothea(夭折)三女
⑥Maria Amalie長女 ⑦Albrecht Friedrich次男 ⑧Carl Philipp三男
⑨Elisabeth Sophie次女

◎「夫人の寝室」◎

うっ、画面に入りきらない


◎「磁器を集めた小部屋」◎

伊万里焼や中国の磁器
天井の飾りと絵画


◎「小陳列室へ」◎

大理石?っぽい上に書かれた油絵。初めて見た表現でした。石の模様をうまく使っているのがすごいと思いました。

無数の絵画が飾られていました
が、多すぎるので割愛します

◎「宴などが行われる広間」◎


大選帝侯と夫人の絵画が向き合う形で、飾られています

◎「大選帝侯の寝室」◎

よく考えたら、暖炉の中に飾るって
中々のハイセンスだと思ってしまう

◎「大選帝侯のフロントルーム」◎

12人の古代ローマの将軍、皇帝が飾られていました

Julius Caesar ユリウス・カエサル
天井に飾られた、大選帝侯夫妻

階段を降りて、半地下へ

◎タイル張りのホール

写真の床のくぼみに、昔はwasserbecke(水を張るための槽)がはめ込まれていたそうです。
よく西洋式の壁にある噴水の、水を貯めるあれのことかと思います。
動物の絵がかわいかったです。このウサギ?の飛び方がなんとも、おもむきが。

昔は、夏場の食堂だったみたいで
約7500枚ある、オランダのファヤンス焼のタイルだそうです
モチーフは、オランダの日常生活が主だそうです

あとは、選帝侯の従者が使う部屋が二つでした
ここも絵画だけなので、割愛します

Scloss Caputhが描かれている絵
マスクをつけたドロテアさん
出口の扉にあった張り紙。ベルリン訛りで書いてある。

嫁さんから教えてもらって
標準ドイツ語にすると下記のようになるそうです
(日本語は意訳です)

Nuu Friedrich Wilhelm, …sag an mein kleiner!
:んー、フリードリッヒ ヴィルヘルム、…どうしたの、私のおちびさん!
Ich würde mich freuen, wenn Sie nach dem Raustreten
die alte Tür wieder schließen.
Da würde ich mich sehr freuen, nicht wahr?
:もし、あなた(訪問者)が出た後に、この面倒な扉を閉めてくれたら、僕は嬉しいのになぁ。
それは、僕にとってとても嬉しいことなんだよね?
Tss, Tss …der wird nieeee erwachsen!
:ちっ、ちっ …彼はまっっったく、成長しないわね!

嫁さん曰く、同じことを二度いうのがベルリンっぽいそうです
大事なことなので、二回いいました!
みたいな感じですかね?
地域色の強いドイツって面白いなぁと思いました

Schloss Caputhをあとに
のんびりとCaputh-Schwielowseeの駅に向かうことに
(学習しました)

歩いていて見つけた、無人販売所
ドイツにもあるんですね

案山子的な何かでしょうか?
こわいぃ

移動式の橋?
向こう岸の船?みたいなのがこっちに来たり
向こうに行ったりします

なかなかクールなボート(筏?)、手作りですかね?

歩いているとこういう発見があって、いいですよね


そうこうして駅に着き、ポツダム駅へ

書き忘れてましたが、この日はドイツ統一30周年の日でした
(ブログにするの遅くて、毎度ながらすみません)

なので、ポツダムでは記念イベントを開催していました
(むしろこっちをメインに書くべきですかね?)

聖ニコライ教会
コロナ禍なので、警察が目を光らせていました

遅ればせながら、統一30周年おめでとうございます


長くなりましたが、これで終わりです
ご高覧頂きありがとうございました


にほんブログ村
いつも読んでいただいてありがとうございます
クリックしていただけると励みになります
とっても励みになります!

コメントを残す